グラフィックデザイナーが動画編集を始めてみた話

最近、簡易的な動画編集を始めてみました

私は印刷物やWEB系のグラフィックデザイナーで、元々映像業界のことは詳しくないのですが。。。今年2月に主人と創業した動画配信・収録スタジオ「ドウガベース」関連の動画をSNSにUPしてみようと、動画編集に挑戦してみました。

まずは、Adobeの映像編集ソフト「Premiere Pro」をインストール

Premiere Proの管理画面を見て若干心配になってきましたが、同じAdobe製品のPhotoshopに雰囲気が似てるから、たぶん大丈夫だと自己暗示を掛けながらスタート。

インスタグラムへ動画をフィード投稿

先日ドウガベースで配信した、1時間近くある対談動画

カットとつなぎで5分弱の尺に編集して、試しにインスタグラムへ投稿してみました。

編集前の1時間近くある対談動画↓

インスタグラムのフィードの動画はひとつ1分以内と制限されていますので、5つに分けて投稿してみました。

1時間近くある対談のキャッチーな箇所を抜粋してみました。

インスタグラムのIGTVに動画を投稿

先日主人がオンライン参加させていただいた、「全国ライブ配信スタジオ運営者会議」は動画の尺が2時間近くあるので、試しに15分以内の尺に編集しインスタグラムのIGTVに投稿してみました。

今回はiPadで録画した動画を編集してみました

IGTVは長尺動画の投稿が可能

IGTVはフィードの動画とは違い、60秒以上で通常15分、認証されたアカウントは最大1時間の投稿が可能です。スマホを縦にも横にもして見れるので便利です。

IGTVに動画をアップするなら縦位置での撮影の方がいいかもです。(特にインスタグラムをメインで発信する場合)

試しにYouTubeにも動画をUPしてみました

手堅い再生回数と知り合いにみてもらいたい場合はFacebook!?

ケースバイケースですが、確実な再生回数と知り合いに動画をみてもらいたい場合は、FacebookにUPするのがおすすめです。ドウガベースの場合、インスタグラムやYoutubeへ投稿した動画の再生数は、Facebookへ投稿した動画の再生数の10分の1以下だったりします。。。

まとめ

今回試しに編集した動画は、シンプルな編集(主にカットとつなぎ)だったので、ネットで調べたり主人(映像カメラマン)に聞きながらなんとかUPできました。

動画編集について調べていくうちに「Vlog」や「モーショングラフィック」にも興味が湧いてきました。